アパート探しは実地調査が一番?

アパート探しは実地調査が一番?

アパート探しは実地調査が一番?
一人暮らし、それに限らず、アパート探しというのは、なかなか困難を極めますよね。私も一人暮らしに伴いアパート探しを何度もしましたが、「自分の希望する条件」にぴったりと当てはまる物件というのは、ありそうでなかなか見つからない、あっても家賃が予算に見合わない、なんてことが多々あるかと思います。

最近ではネットで物件情報を探し、問い合わせをするというのが主流だと思いますが、ここでひとつ注意しておきたいのが、「ネットで掲載されている物件は既に埋まっている『空物件』の可能性がある」という点です。「ここは良い!」と思って即刻問い合わせをしても「既に埋まっています」というメールが何度来たことか知れません。そして、一度問い合わせた賃貸会社からは、求めてもいないのに延々と「物件情報のご紹介」メールが来る、ということ、ありませんか?

そこで私は、もうネットで探すことをほぼ諦め、実地調査に出向きました。住みたいと思う街に出向き、歩きまわって、そこの賃貸会社に貼られている情報を手当たり次第に見まくる。そして気になったところが見つかったら店に入る、という手段です。少なくとも窓口に貼られている物件は空物件ではないだろうし、上手くいけばその日に内覧も可能です。ただ一度、とても気に入ったアパートがあり、その日は大家さんが不在ということで、自分の都合もあり3日後に内覧の予定を入れたところが、3日後に訪れた際に、前日に別の方の入居が決まってしまったというパターンもありましたが…。ただ、一度店を訪れると、こちらの希望する条件に合わせていくつか他の物件も紹介して下さり、ネットで物件探しをするよりも案外早く、しかもきちんと自分の希望に沿った部屋が見つかったという感じがしました。ネットを使うのは便利ですが、なるべく早く、確実に自分の条件に合わせたお部屋さがしをしたい、という方には、実地で探すという手、お勧めします。